So-net無料ブログ作成
検索選択

日光山 大猷院 [御朱印帳(仏閣)]

日光山 輪王寺
家光廟大猷院


ご本尊:釈迦如来

常行堂と法華堂の前を通り過ぎると、日光山二社一寺最後の見学コース…

P1000390.JPG

大猷院(たいゆういん)の仁王門が見えてくる。

ここは徳川三代将軍家光の霊廟です。
大猷院とは、天皇から授かった家光の法名になります。
だから、正確には「大猷院霊廟」となるんでしょう。

家光の「墓は家康公と天海の近くに…」という遺言に従い、当山内に造られました。
家光がめちゃくちゃ家康と天海を慕っていたかが、ここでわかるような気がする。

「東照宮を模さないように…」という遺言から、仏式で…
また「東照宮をしのがないように…」という遺言から、色彩や装飾を控え目に建築されたそうです。

東照宮に比べたら…

ですけど(笑)



P1000391.JPG

まずは、仁王門。
立派な仁王様に、素晴らしい門です。

P1000392.JPG

仁王門の先にある、豪華な御水舎です。

P1000393.JPG

階段の先にあるのは、二天門。
改修中で、ちょっと残念…
大猷院本殿へは、この階段地獄をクリアしないといけません。
これで断念する人って、多いはずです。

P1000394.JPG

二天門には、表に持国天と広目天。
裏に風神と雷神を安置しています。
これは、持国天です。

P1000395.JPG

下を望むと、各大名たちが奉納した燈篭が見えます。
昔は、ここからの眺めを「天上界からの眺め」と言っていたそうです。

P1000396.JPG

次は夜叉門。
これまた、豪華な門です。

P1000398.JPG

門には4体の夜叉が安置されています。
牡丹唐草の装飾が施されているので、牡丹門とも呼ばれているとか…

P1000399.JPG

こちらは唐門…そして、その先が拝殿の入口です。

ここから先の建物は、金箔だらけです。
こちらのお坊さんの話によると、「金閣寺」「中尊寺金色堂」に並ぶ建物であるとのこと。
また、その中でお堂の中に入れるのはここだけだそうです。
ま、自慢するだけの豪華さはありますし、素晴らしいものです。
ここは、めちゃくちゃお薦めです。

ちなみに、通常お寺の本堂とかは南を向いていますが、こちらは北東を向いてます。
なぜなら、家光の「死んでも家康公にお仕えする」という考えから、本殿が東照宮を向いているためです。

P1000400.JPG

本殿です。
別名「金閣殿」。
めちゃくちゃ豪華で綺麗な本殿です。

内部には、家光公座像と位牌、本尊であり家光の本地仏である「釈迦如来(秘仏)」が祀られているそうです。
どうやら釈迦如来像は南を向いているらしく、家光の考えと仏教のルールを両方考慮したつくりになっているみたいだ♪

P1000401.JPG

本殿の脇にあるのが、皇嘉門。
別名、竜宮門…なっとく(笑)

ここから先は、家光公が眠る奥の院であるため立ち入り禁止!

しかし、2000年に「350年目にして初めての一般公開」が行われた。
もちろん、私も見に行きました♪

基本的には、家康公と同じように宝塔があり、その中に祀られていました。

余談ではあるが、徳川将軍家の霊廟は

初代と3代が日光山。

4・5・8・10・11・13代が寛永寺。

2・6・7・9・12・14代が増上寺。

15代が谷中霊園となっていて、正室なども一緒に埋葬されているそうです。

寛永寺や増上寺には豪華な霊廟が建っていましたが、東京大空襲でほとんどが焼失してしまいました。
一部の建物は、今でも保存されています。

寛永寺:My sanctuary:So-net blog
http://mysanctuary.blog.so-net.ne.jp/2008-01-02

ですが、増上寺の霊廟が建っていた場所は某ホテルに売却され、祀られていた遺体(ミイラ)は研究目的で調べられたあと、荼毘にふされ増上寺内に造られた新しい霊廟に祀られたらしいです。

なんか…ねぇ…

そういえば、篤姫で有名になった14代将軍の正室和宮が発掘されたとき、男性が写った写真乾板を抱いていたそうで、14代将軍家茂の写真ではないかと言われ、涙をさそったという話を聞いたことがあります。

ちなみに、篤姫は寛永寺内の宝塔で静かに眠っています。

そう考えると、日光で江戸を守ろうとした家康の考えというのは、間違っていなかったのかもしれませんね。

090467.JPG

日光山 大猷院



nice!(17)  コメント(6)  トラックバック(1) 

nice! 17

コメント 6

duke

素晴らしいところですね。行きたいです。
「仁王門の先にある、豪華な御水舎です。」・・・ほーんと豪華すぎて屋根がはみ出てます^^

by duke (2009-02-04 23:00) 

kohtyan

一度行ったことはあるのですが、由緒をかみしめながら、
ゆっくりと訪ねてみようと思います。
by kohtyan (2009-02-05 12:01) 

disneyworld

こうやってみると、日本ってやっぱりキンキラ文化ですよね^^;
by disneyworld (2009-02-05 20:01) 

くりっぴ

国天と広目天かあ・・・カラフルねえ。
足元の餓鬼は、じっくりみれないねえ・・・
by くりっぴ (2009-02-06 06:06) 

vow

みんさま、nice!感謝です♪

☆dukeさん、毎度です♪

意外と穴場チックな感じですので、ぜひぜひ!

☆kohtyanさん、毎度です♪

いろいろ調べてから再度行かれると、面白みが増すと思いますよ。

☆disneyworldさん、毎度です♪

やはり、黄金の国ですね(笑)

☆くりさん、毎度です♪

本来仏像は、こんな感じでカラフルだったんだと思いますよ。
古いと、色が剥げますからねぇ~

by vow (2009-02-10 21:19) 

くりっぴ

え?そうなん?みんなカラフルやっとは思ってなかったよ?
説明を読んでも、もともとカラフルやったら、そう書いてあるような気がする。

もちろんカラフルやったんやというのも多々あったけど・・・
by くりっぴ (2009-02-11 11:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。